国立感染症研究所

rubellaimg   風疹(rubella)は、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症です。免疫のない女性が妊娠初期に風疹に罹患すると、風疹ウイルスが胎児にも感染して、出生児に先天性風疹症候群 (CRS)と総称される障がいを引き起こすことがあります。

 

疫学情報

感染症発生動向調査(IDWR)

  • IDWR最新号(PDF)
  • 速報グラフ(PDF) 2014年第41週の速報グラフを掲載しました

    2013までの情報はこちらをご覧ください
  • 先天性風疹症候群(CRS)の報告(2014年10月20日更新)
  • 注目すべき感染症
  • IDWR速報記事

病原微生物検出情報(IASR)

最終更新日 2014年3月31日(月曜)01:13

参照数: 124768

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version