国立感染症研究所

公開講座・施設利用

2016年 戸山庁舎一般公開 イベントアーカイブ

 

以下の情報は、2016年度の一般公開で提供されたイベントに関する資料です。これらのイベントはすでに終了しております。感染研一般公開の最新情報については、こちらのブログサイトをご覧ください。

2016年度 戸山庁舎一般公開

  • 開催日:2016年10月1日(土)10:00-17:00(入場は16:30まで)
  • 入場無料

ポスター

タイムテーブル

イベント紹介

特集記事

 

 

 

 

最終更新日 2016年10月01日(土曜)17:52

参照数: 1397

感染研戸山庁舎一般公開 ただいま開催中!!

感染研一般公開はじまりました。
雨の中、たくさんの方が来場されています(12時時点での来場者数200名)。
夕方4時30分まで入場できます。
お見逃しなく!

館内の様子

感染症ゲーム

IMG 8182親子連れで楽しんでます!

「感染症クイズ ”肝炎"」

IMG 8112スペシャルゲストの小橋建太さんと、イメージキャラクターの”肝ちゃん”のコラボ

IMG 8123やった!!正解だ。

IMG 8172小橋さんを囲んで、クイズ参加の記念写真


 一般公開公式ブログへ戻る…

最終更新日 2016年10月01日(土曜)17:48

参照数: 1456

2016年村山庁舎一般公開 イベントアーカイブ

 

以下の情報は、2016年度の村山庁舎一般公開で提供されたイベントに関する資料です。これらのイベントはすでに終了しております。感染研一般公開の最新情報については、こちらのブログサイトをご覧ください。

2016年度村山庁舎一般公開

  • 開催日:2016年7月30日(土)13:00-17:00(入場は16:30まで)
  • 入場無料

ポスター

イベント紹介

特集記事

 

 

 

 

最終更新日 2016年8月19日(金曜)09:32

参照数: 1598

知の市場・連携市民セミナー

 

chinoichiba立感染症研究所では、知の市場と共催で感染症関連のセミナーを開催します。

感染症の理解に資する広範な分野がテーマとなっています。

2017年度前期は、4月4日から講義が始まります(募集開始は2月1日)。

前期講義は、「感染症との戦い:現在問題となっている感染症」です。

開催科目の詳細は、こちらからご覧ください。

 


 

     ご案内

開催日時:毎週火曜日 18時30分から20時30分

前期講義:2017年(平成29年)4月4日から7月11日まで、全15回

後期講義:2017年(平成29年)9月5日から12月12日まで、全15回

定員:35名、参加は無料です。


  2017年度前期の受講者募集について

 参加をご希望の方は、開催科目参加条件応募方法をご覧下さい。

 

 知の市場

 

 

 

 

 

 

 

 

最終更新日 2017年2月10日(金曜)11:49

参照数: 49916

2015年一般公開 イベントアーカイブ

 

以下の情報は、2015年度の一般公開で提供されたイベントに関する資料です。これらのイベントはすでに終了しております。感染研一般公開の最新情報については、こちらのブログサイトをご覧ください。

2015年度一般公開「いっしょに考えよう、感染症のあれこれ」

  • 開催日:2015年10月3日(土)10:00-17:00(入場は16:30まで)
  • 入場無料

ポスター

タイムテーブル

イベント紹介

特集記事

 

 

 

 

最終更新日 2015年10月03日(土曜)17:15

参照数: 3298

第25回感染研シンポジウム 講演資料集

niidsymposium2015-thumb

 

開催日:平成27年5月21日(木)13:00〜18:00

場所:国立感染症研究所 戸山庁舎 共用第一会議室

 

 

 

 

 

 

 

 


講演資料

  1. 「ウイルス性出血熱とデング熱」
  2. 「デング熱国内流行;過去&現在とその対応」
  3. 「デング熱と蚊−日本におけるデング熱等のリスク」[1],[2],[3],[4],[5]
  4. 「デングウイルスのADEと重症化機構、ワクチン開発」
  5. 「西アフリカでのエボラ出血熱の大流行-その原因と対策」
  6. 「エボラ出血熱患者の臨床対応」
  7. 「エボラ出血熱の実験室診断とBSL4施設の必要性」
  8. 「大学コンソーシアムの提案するBSL4計画とウイルス性出血熱対策」

最終更新日 2015年6月26日(金曜)15:37

参照数: 4773

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version