国立感染症研究所

インフルエンザ抗体保有状況-2016年度速報第1報

【速報一覧へ戻る】
インフルエンザ抗体保有状況 -2016年度速報第1報- (2016年12月2日現在)
 

はじめに
 感染症流行予測調査事業における「インフルエンザ感受性調査」は、毎年、インフルエンザの本格的な流行が始まる前に、インフルエンザに対する国民の抗体保有状況(免疫状況)を把握し、抗体保有率が低い年齢層に対する注意喚起等を目的として実施している。
 わが国におけるインフルエンザワクチンは、従来、A(H1N1)亜型、A(H3N2)亜型、B型(ビクトリア系統あるいは山形系統)の3つのインフルエンザウイルスをワクチン株とした3価ワクチンが用いられてきた。しかし、近年はB型の二系統が同シーズンに流行する傾向が世界的にみられており、わが国においては前シーズン(2015/16シーズン)より4価ワクチンが使用開始となった。本調査では今シーズン(2016/17シーズン)のワクチン株に用いられた4つのインフルエンザウイルスについて抗体保有状況の検討を行った。
 

1. 調査対象および方法
 2016年度の調査は、22都道府県から各198名、合計4,356名を対象として実施された。インフルエンザウイルスに対する抗体価の測定は、健常者から採取された血液(血清)を用いて、調査を担当した都道府県衛生研究所において赤血球凝集抑制試験(HI法)により行われた。HI法に用いたインフルエンザウイルス(調査株)は以下の4つであり、各ウイルスの卵増殖株を由来としたHA抗原を測定抗原とした。また、採血時期は原則として2016年7~9月(例年のインフルエンザの流行シーズン前かつワクチン接種前)とした。
a)A/California(カリフォルニア)/7/2009 [A(H1N1)pdm09亜型]
b)A/Hong Kong(香港)/4801/2014 [A(H3N2)亜型]
c)B/Phuket(プーケット)/3073/2013 [B型(山形系統)]
d)B/Texas(テキサス)/2/2013 [B型(ビクトリア系統)]
 なお、本速報では抗体保有率として、感染リスクを50%に抑える目安と考えられているHI抗体価1:40以上について示した。
 

2. 調査結果
 2016年12月2日現在、北海道、山形県、福島県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、新潟県、富山県、福井県、山梨県、長野県、静岡県、三重県、佐賀県の15道県から合計3,823名の結果が報告された。5歳ごとの年齢群別対象者数は、0-4歳群:420名、5-9歳群:299名、10-14歳群:362名、15-19歳群:346名、20-24歳群:260名、25-29歳群:327名、30-34歳群:351名、35-39歳群:286名、40-44歳群:260名、45-49歳群:274名、50-54歳群:256名、55-59歳群:160名、60-64歳群:136名、65-69歳群:61名、70歳以上群:25名であった。
 

【年齢群別抗体保有状況】
A/California/7/2009 [A(H1N1)pdm09亜型]
:図1上段
 本調査株に対する抗体保有率は10代後半から20代前半をピークとし、5歳から20代の各年齢群の抗体保有率(74~88%)は、その他の年齢群と比較して高かった。また、30代から60代前半の各年齢群は概ね40~60%の抗体保有率(41~67%)を示したが、0-4歳群および60代後半以上の年齢群は約30%の抗体保有率(28~33%)であった。

A/Hong Kong/4801/2014 [A(H3N2)亜型]:図1下段
 本調査株に対する抗体保有率は10代前半をピークとし、5歳から10代の各年齢群の抗体保有率(63~71%)は、その他の年齢群と比較して高かった。また、20~30代および60代後半の各年齢群の抗体保有率(35~44%)は概ね40%であったが、それ以外の各年齢群は約20~30%の抗体保有率(20~32%)であった。

B/Phuket/3073/2013 [B型(山形系統)]:図2上段
 本調査株に対する10代から30代前半の各年齢群の抗体保有率(47~59%)は、その他の年齢群と比較して高く、20代後半でピークがみられた。それ以外の多くの年齢群は20~30%台の抗体保有率(28~36%)であり、とくに0-4歳群および60代では20%未満の抗体保有率(11~19%)、70歳以上群では10%未満の抗体保有率(4%)であった。

B/Texas/2/2013 [B型(ビクトリア系統)]:図2下段
 本調査株に対する抗体保有率はほとんどの年齢群で30%未満であり、その多くが20%未満の抗体保有率であった。とくに60代以上の各年齢群では10%未満の抗体保有率であった。
 


図1


図2

コメント
 病原微生物検出情報におけるインフルエンザウイルス分離・検出状況(2016年12月1日現在報告数)によると、今シーズンは2016年第36~48週(9月5日~12月4日)にAH1pdm09亜型40例、AH3亜型295例、B型9例(山形系統5例、ビクトリア系統4例)の報告があり、現時点ではAH3亜型の分離・検出報告数が多い。また、感染症発生動向調査によるインフルエンザの定点あたり患者報告数(2016年11月24日現在速報値)は、2016年第46週(11月14~20日)で1.38と全国的な流行の指標となる1.0を超えており、本調査で抗体保有率が低かった年齢層においては注意が必要である。


国立感染症研究所 感染症疫学センター/インフルエンザウイルス研究センター

最終更新日 2016年12月02日(金曜)21:25

参照数: 459

麻疹ウイルス分離・検出状況(グラフ) 2016年(2016年11月現在報告数)

麻疹ウイルス分離・検出状況(グラフ) 2016年(2016年12月1日現在報告数)

図1.月別麻疹ウイルス分離・検出報告数、2010~2016年 CSV
図2.麻疹ウイルス分離・検出例の年齢分布、2012~2016年
図3.遺伝子型別都道府県別麻疹ウイルス分離・検出報告状況、2012~2016年

 

麻疹ウイルス分離・検出状況 遺伝子型別内訳 一覧

(都道府県・発病日・渡航先など)

2016年 (n=112) PDF CSV (2016年10月25日現在報告数)
2015年 (n=24)   PDF CSV (2016年4月1日現在報告数)
2014年 (n=367) PDF CSV (2015年9月17日現在報告数)
2013年 (n=53)   PDF CSV (2015年1月20日現在報告数)

 

定型グラフ・集計表の更新停止について(2015年6月11日)

現在、厚生労働省では情報システムのセキュリティに関する確認のための作業が行われています。この関係で、厚生労働省の情報システムで作成されている下記の「毎日更新」または「自動更新」と書かれた定型の速報グラフ・集計表(https://nesid3g.mhlw.go.jp/から始まるURLへのリンク)は、2015年6月10日以降更新が停止しております。 復旧の時期は未定となっております。 ご利用の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、しばらくお待ちください。

2015年6月11日 IASR編集委員会


2015年7月24日追記

現在自動更新が停止している病原体検出情報の速報グラフ・集計表は、しばらくの間週末から週はじめにかけて週1回のペースで更新していく予定です。ご利用の皆様には引き続きご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承ください。

*データは、地方衛生研究所(地衛研)からNESID病原体検出情報に報告された情報に基づく。感染症発生動向調査の定点およびその他の医療機関、保健所等で採取された検体から検出された病原体の情報が含まれる。

 
定型のグラフ・集計表(URLの末尾が/data〇j.csvや/data〇j.pdfとなっているもの)は自動作成されており、作成日の2日前(土日祝日を除く)までに報告された情報が反映されている。病原体検出情報は、過去の週(検体採取)に遡っての追加報告もある。
 
「〇年〇月〇日現在報告数」と表記されている図(URLの末尾が.gifとなっているもの)は、地衛研よりNESIDに報告された日までの集計値を用いて随時作成している。

 

麻疹ウイルス分離・検出状況 定型グラフ(自動更新)

週別 PDF CSV
都道府県別 PDF CSV

麻疹ウイルス分離・検出状況 定型集計表 (自動更新)

月別 PDF CSV
年別 PDF CSV

 

 

 

最終更新日 2016年12月02日(金曜)17:31

参照数: 57459

インフルエンザウイルス分離・検出状況 2016年第36週(9/5-9/11)〜第48週(11/28-12/4)

国立感染症研究所・感染症情報センターには地方衛生研究所(地研)から「病原体個票」が報告されている。これには感染症発生動向調査の定点およびその他の医療機関、保健所等で採取された検体から検出された病原体の情報が含まれる(参考図)。
図1.週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数、2016年第20週~2016年第48週
(週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数、2015年第20週~2016年第35週)
図2.都道府県別インフルエンザウイルス分離・報告状況、2016年第36〜48
図3.インフルエンザウイルス分離・検出例の年齢群、2016年第36〜48週:CSV
図4.2009/10~2016/17シーズン比較:CSV

 *2016/17シーズンは2016年第36週/9月5日~2017年第35週/8月(検体採取週)。

図の元データは、以下の速報グラフ(病原体個票による報告)。

データは、土日祝日を除く2日前に地研から報告された情報。過去の週に遡っての追加報告もある。現在報告数は、地研より報告された日を表す。

<参考図> 週別インフルエンザ患者報告数とインフルエンザウイルス分離・検出報告数の推移、2008年第36週~2011年第41週
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2015年第36週(8/31-9/6)~2016年第35週(8/29-9/4)
(2016年9月25日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2014年第36週(9/1-7)~2015年第35週(8/24-30)
(2015年9月24日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2013年第36週(9/2-8)~2014年第35週(8/25-31)
(2015年1月16日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2012年第36週(9/3-9)~2013年第20週(5/13-19)
(2013年5月16日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2011年第36週(9/5-11)~2012年第25週(6/18-24)
(2012年7月19日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2010年第36週(9/6-12)~2011年第19週(5/9-15)
(2011年9月6日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2009年第19週(5/4-10)~2010年第19週(5/10-16)
(2010年5月13日現在報告数)
国立感染症研究所感染症疫学センター 病原微生物検出情報事務局

最終更新日 2016年12月02日(金曜)17:24

参照数: 11963

ノロウイルス等検出状況 2016/17, 2015/16, 2014/15シーズン(2016年12月1日現在報告数)

 

 国立感染症研究所・感染症疫学センターには地方衛生研究所(地研)から「病原体個票」が報告されている。これには感染症発生動向調査の定点およびその他の医療機関、保健所等で採取された検体から検出された病原体(ノロウイルスをはじめ、サポウイルス、ロタウイルス、アストロウイルスなど)の情報が含まれる。

  図1.週別ノロウイルス、サポウイルス、ロタウイルス検出報告数、2014/15-2016/17シーズン
  図2.都道府県別ノロウイルス、サポウイルス、ロタウイルス検出報告状況、2014/15-2016/17シーズン
  図3.週別都道府県別ノロウイルス検出報告状況、2016/17シーズン
  図4.ノロウイルス感染集団発生の伝播経路別月別推移、2010/11〜2015/16シーズン CSV
  図5.ノロウイルス感染集団発生の推定感染・摂取場所の割合、2012/13〜2016/17シーズン
 

 

*2016/17シーズンは2016年第36週/9月〜2017年第35週/8月、2015/16シーズンは2015年第36週/9月~2016年第35週/8月、 2014/15シーズンは2014年第36週/9月~2015年第35週/8月(検体採取週)。

 

 

*参考:週別Astrovirus検出報告数2010/11-2015/16シーズン (2016年9月29日現在報告数)

 

 

 

 

 

 

(参考)ノロウイルス関連情報(国立医薬品食品衛生研究所)

 

 


 

 

 

ノロウイルス等検出状況 2013/14シーズン (2016年9月20日現在報告数)

 

ノロウイルス等検出状況 2012/13シーズン (2013年10月24日現在報告数)

 

ノロウイルス等検出状況 2011/12シーズン (2012年11月8日現在報告数)

 

国立感染症研究所感染症疫学センター 病原微生物検出情報事務局

 

最終更新日 2016年12月02日(金曜)17:16

参照数: 67818

インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)

保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校において休校、学年閉鎖、学級閉鎖があった場合に、その施設数を計上するとともに、当該措置を取る直前の学校、学年、学級における在籍者数、患者数、欠席者数を計上するもの。

201617title

PDFによる配信です。

厚生労働省健康局結核感染症課

  • 第1報(平成28年9月5日~9月11日) 平成28年9月16日作成
  • 第2報(平成28年9月12日~9月18日) 平成28年9月23日作成
  • 第3報(平成28年9月19日~9月25日) 平成28年9月30日作成
  • 第4報(平成28年9月26日~10月2日) 平成28年10月7日作成
  • 第5報(平成28年10月3日~10月9日) 平成28年10月14日作成
  • 第6報(平成28年10月10日~10月16日) 平成28年10月21日作成
  • 第7報(平成28年10月17日~10月23日) 平成28年10月28日作成
  • 第8報(平成28年10月24日~10月30日) 平成28年11月7日作成
  • 第9報(平成28年10月31日~11月6日) 平成28年11月11日作成
  • 第10報(平成28年11月7日~11月13日) 平成28年11月18日作成
  • 第11報(平成28年11月14日~11月20日) 平成28年11月25日作成
  • 第12報(平成28年11月21日~11月27日) 平成28年12月2日作成

 

*2008/09シーズン第27報より対象施設に高等学校が追加されました。

最終更新日 2016年12月02日(金曜)15:36

参照数: 472523

宮城県内で流行しているノロウイルス(NoV)の遺伝子型について

 

IASR-logo

宮城県内で流行しているノロウイルス(NoV)の遺伝子型について

(掲載日 2016/12/02)

宮城県における感染性胃腸炎の定点医療機関当たりの患者報告数は、2016年第41週を境に急増し、第46週現在30.66人(昨年同期と比較して7倍)となった(図1)。ノロウイルス(NoV)による感染性胃腸炎事例数を過去同時期と比較すると、2014/15シーズンが0事例、2015/16シーズンが5事例の報告に対し、今シーズン(2016/17)は2016年11月21日現在28事例と多く、県内ではNoVによる感染性胃腸炎が流行している。

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version