国立感染症研究所

「予防接種後副反応疑い報告書」入力アプリ

「予防接種後副反応疑い報告書」入力アプリ

○ 本アプリは「予防接種後副反応疑い報告書」をパソコンの画面上で作成するためのアプリです。
○ 以下のボタンからダウンロードしてご使用ください。
 vaers app dl [ ver.1.0 (2016年10月1日~) / zip 12.0MB ]
※ 本アプリは圧縮されていますので、必ず解凍してからご使用ください
 ⇒ 解凍方法の例(PDF 568KB)
※ ご使用前に「簡易マニュアル(PDF 1.0MB)」および「操作マニュアル(PDF 5.5MB)」を
 お読みください。
 
【動作環境】 ※本アプリは以下の環境で動作確認を行っています。
  OS : Windows 7, Windows 8/8.1, Windows 10, Mac OS X v10.11
  ブラウザ
 
: Google Chrome, Internet Explorer (Windowsのみ), Safari (Mac OS Xのみ)
 [Windows 10 に搭載されている「Microsoft Edge」はご使用できません]
  その他 : Java 8, PDFビューアソフト (Acrobat Readerなど)
  Javaのダウンロード / Acrobat Readerのダウンロード
 
【アプリに関するお問い合わせ先】
  国立感染症研究所 感染症疫学センター第三室(予防接種室)
電話:03-5285-1111(代表)

関連HP:厚生労働省ホームページ「予防接種後副反応報告制度」

最終更新日 2016年9月27日(火曜)10:56

参照数: 296

2016年感染症発生動向調査への麻しん報告例、第1週~37週(9月21日集計)


2016年感染症発生動向調査への麻しん報告例(n=130)
第1~37週(9月21日集計)

2016年9月27日
国立感染症研究所感染症疫学センター

麻しんの患者報告が2016年33週以降急増しています。2016年における感染症発生動向調査へ届けられた麻しん報告は添付の表です。全国や近隣自治体での発生状況と検出された麻しんウイルス遺伝子型をご参考に、麻しんの早期診断にご活用ください。 掲載内容は疫学調査の結果により、今後、更新される場合があります。なお、本件に関して個々の症例等について直接のお問い合わせ(自治体、医療機関、その他関係機関等含む)はお控えください。

 

 

 

最終更新日 2016年9月27日(火曜)19:35

参照数: 129

麻疹 発生動向調査

taitoru003

感染症発生動向調査(IDWR)

  • IDWR最新号(PDF)
  • 速報グラフ(PDF)  2016年第37週の速報グラフを掲載しました
    2015年までの情報はこちらをご覧ください。
  • 2016年感染症発生動向調査への麻しん報告例(n=130)、第1週~37週(9月21日集計)
  • 注目すべき感染症 -麻疹-
  • IDWR速報記事 -麻疹-
  • 麻疹ウイルスの遺伝子型が報告された症例の内訳(2012年)

病原微生物検出情報(IASR)

施設別発生状況調査

 

topm

最終更新日 2016年9月27日(火曜)19:33

参照数: 298850

EHECの速報グラフ(PDF) 2016年第37週更新(2016/9/27)

 

次回2016年第38週EHEC速報グラフの更新は10月4日の予定です。

  
国立感染症研究所感染症疫学センター
(2016年9月27日)
 
 
2016年 速報データ     
         2016年第37週の速報グラフを掲載いたしました(2016/9/27)
 
     

最終更新日 2016年9月27日(火曜)10:35

参照数: 36020

風疹 発生動向調査

疫学情報

感染症発生動向調査(IDWR)

  • IDWR最新号(PDF)
  • 速報グラフ(PDF) 2016年第37週の速報グラフを掲載しました

    2015年までの情報はこちらをご覧ください

  • 先天性風疹症候群(CRS)の報告(2014年10月20日更新)
  • 注目すべき感染症
  • IDWR速報記事

病原微生物検出情報(IASR)

最終更新日 2016年9月27日(火曜)10:17

参照数: 560908

インフルエンザウイルス分離・検出状況 2016年第36週(9/5-9/11)

国立感染症研究所・感染症情報センターには地方衛生研究所(地研)から「病原体個票」が報告されている。これには感染症発生動向調査の定点およびその他の医療機関、保健所等で採取された検体から検出された病原体の情報が含まれる(参考図)。
図1.週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数、2016年第20週~2016年第36週
(週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数、2015年第20週~2016年第35週)
図2.都道府県別インフルエンザウイルス分離・報告状況、2016年第36
図3.インフルエンザウイルス分離・検出例の年齢群、2016年第36週:CSV
図4.2009/10~2016/17シーズン比較:CSV

 *2015/16シーズンは2015年第36週/8月31日~2016年第35週/8月(検体採取週)。

図の元データは、以下の速報グラフ(病原体個票による報告)。

データは、土日祝日を除く2日前に地研から報告された情報。過去の週に遡っての追加報告もある。現在報告数は、地研より報告された日を表す。

<参考図> 週別インフルエンザ患者報告数とインフルエンザウイルス分離・検出報告数の推移、2008年第36週~2011年第41週
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2015年第36週(8/31-9/6)~2016年第35週(8/29-9/4)
(2016年9月25日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2014年第36週(9/1-7)~2015年第35週(8/24-30)
(2015年9月24日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2013年第36週(9/2-8)~2014年第35週(8/25-31)
(2015年1月16日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2012年第36週(9/3-9)~2013年第20週(5/13-19)
(2013年5月16日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2011年第36週(9/5-11)~2012年第25週(6/18-24)
(2012年7月19日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2010年第36週(9/6-12)~2011年第19週(5/9-15)
(2011年9月6日現在報告数)
インフルエンザウイルス分離・検出状況 2009年第19週(5/4-10)~2010年第19週(5/10-16)
(2010年5月13日現在報告数)
国立感染症研究所感染症疫学センター 病原微生物検出情報事務局

最終更新日 2016年9月26日(月曜)18:12

参照数: 416

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version