国立感染症研究所

発生動向調査年別報告数一覧(全数把握)

 

 

 五類感染症 (全数)

1.2015年10月25日現在報告数。
2.対象感染症の類型および名称は2014年12月31日現在。「感染症法における感染症の分類」
3.1999年の報告数は1999年4月からの報告数である。
4.部分の数値は2003年11月5日からの報告数である。
5.部分の数値は2008年1月1日からの報告数である。
6.部分の数値は2013年4月1日からの報告数である。
7.部分の数値は2014年9月19日からの報告数である。
8.年の区切りについては報告数対応表(http://www.niid.go.jp/niid/ja/calendar/3044-idwr-calendar-2014.html)を参照。
9.2015年は年報集計前につき、病型別になっていないがIDWR 2015年第52・53週合併号に掲載している第53週のデータ 
http://www0.nih.go.jp/niid/idsc/idwr/IDWR2015/idwr2015-52-53.pdf≫を参照 (2016年1月7日現在報告数)。
  
五類感染症

 

西暦 元号 アメーバ赤痢 ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く。)
B型 C型 D型 その他 不明
99
平成11
276
510
136
0
74
36
00
12
378
425
119
0
41
22
01
13
429
330
65
0
29
14
02
14
465
332
61
0
23
14
03
15
520
245
65
0
19
4
04
16
610
241
43
0
7
2
05
17
698
209
57
0
10
1
06
18
752
228
46
0
6
0
07 19 801 199 34 0 4 0
08 20 872 178 52 0 9 0
09 21 786 178 40 0 5 0
10 22 843 174 39 0 7 1
11 23 814 200 36 0 14 0
12 24 932 186 38 0 12 0
13 25 1,047 236 30 0 20 0
14 26 1,134 188 27 0 11 0

 

西暦 元号 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症 急性脳炎* クリプトスポリジウム症 クロイツフェルト・ヤコブ病 劇症型溶血性レンサ球菌感染症
99
平成11
...
...
4
92
21
00
12
...
...
3
108
44
01
13
 ...
...
11
133
46
02
14
...
...
109
147
92
03
15
...
12
8
118
52
04
16
...
167
92
176
52
05
17
...
188
12
153
60
06
18
...
167
18
178
104
07 19 ... 228 6 158 93
08 20 ... 192 10 152 104
09 21 ... 526 17 143 103
10 22 ... 242 16 172 122
11 23 ... 258 8 138 197
12 24 ... 371 6 185 242
13 25 ... 369 25 203 203
14 26 314 459 98 177 268

 * 2003年11月5日より、急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎、
日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く。)は定点把握対象疾患から全数把握対象疾患となった。

 

西暦 元号 後天性免疫不全症候群 ジアルジア症 髄膜炎菌性髄膜炎*
無症候性キャリア AIDS その他
99
平成11
346
215
27
42
10
00
12
413
331
50
98
15
01
13
570
320
57
137
8
02
14
547
312
57
113
9
03
15
564
337
69
103
18
04
16
699
386
77
94
21
05
17
753
359
91
86
10
06
18
852
406
90
86
14
07 19 951 414 128 53 17
08 20 1,002 441 124 73 10
09 21 883 428 135 70 10
10 22 972 473 108 77 7
11 23 961 468 106 65 12
12 24 871 443 124 72 15
13 25 977 486 123 82 2
14 26 951 450 137 68 ...

 *髄膜炎菌性髄膜炎は2013年3月31日までの報告であり、2013年4月1日以降は侵襲性髄膜炎菌感染症
に変更された。

 

西暦 元号 侵襲性インフルエンザ菌感染症 侵襲性髄膜炎菌感染症 侵襲性肺炎球菌感染症 水痘(患者が入院を要すると認められるものに限る。) 先天性風しん症候群
99
平成11
...
...
...
... 0
00
12
...
...
...
... 1
01
13
...
...
...
... 1
02
14
...
...
...
... 1
03
15
...
...
...
... 1
04
16
...
...
...
... 10
05
17
...
...
...
... 2
06
18
...
...
...
... 0
07 19 ... ... ... ... 0
08 20 ... ... ... ... 0
09 21 ... ... ... ... 2
10 22 ... ... ... ... 0
11 23 ... ... ... ... 1
12 24 ... ... ... ... 4
13 25 108 23 1,001 ... 32
14 26 200 37 1,825 143 9

 

西暦 元号   梅      毒   播種性クリプト
コックス症
早期顕症梅毒 晩期顕症梅毒 先天梅毒  無症候 
 I 期   II 期 
99
平成11
112
126
47
9
457
...
00
12
129
157
46
8
421
...
01
13
104
134
40
6
301
...
02
14
99
121
53
9
293
...
03
15
114
127
54
5
209
...
04
16
136
179
54
7
160
...
05
17
151
180
37
3
172
...
06
18
175 205 50 12 195 ...
07 19 198 234 55 7 224 ...
08 20 173 283 66 9 300 ...
09 21 142 251 44 5 249 ...
10 22 105 236 41 1 238 ...
11 23 141 291 54 6 335 ...
12 24 160 315 48 4 348 ...
13 25 217 475 66 4 466 ...
14 26 337 620 81 10 613 37

 

西暦 元号 破傷風 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症 バンコマイシン耐性腸球菌感染症 風しん* 麻しん** 薬剤耐性アシネトバクター感染症***
99 平成11 66 ... 23 ... ... ...
00 12 91 ... 36 ... ... ...
01 13 80 ... 40 ... ... ...
02 14 106 ... 44 ... ... ...
03 15 73 0 59 ... ... ...
04 16 101 0 58 ... ... ...
05 17 115 0 69 ... ... ...
06 18 117 0 83 ... ... ...
07 19 89 0 84 ... ... ...
08 20 123 0 80 294 11,013 ...
09 21 113 0 116 147 732 ...
10 22 106 0 120 87 447 ...
11 23 118 0 73 378 439 ...
12 24 118 0 91 2,386 283 ...
13 25 128 0 55 14,344 229 ...
14 26 126 0 56 319 462 15

*2008年1月1日より、風しんは定点把握対象疾患から全数把握対象疾患となった。
**2008年1月1日より、麻しんは定点把握対象疾患の麻しん及び成人麻しんから全数把握対象疾患となった。
***2014年9月19日より、薬剤耐性アシネトバクター感染症は定点把握対象疾患から全数把握対象疾患となった。

 

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version