国立感染症研究所

IASR-logo

<速報>ロタウイルス胃腸炎の発生動向とワクチン導入後の報告数の推移

(掲載日 2015/6/11  更新日 2015/6/16)  (IASR Vol. 36 p. 145-146: 2015年7月号)

はじめに:わが国では、2011年11月に単価ロタウイルスワクチン、2012年7月に5価ロタウイルスワクチンの接種が始まった。

ロタウイルスワクチンの接種が始まる前は、全国約3,000箇所ある小児科定点医療機関のうち概ね10%に当たる、約300箇所の医療機関が病原体定点に指定され、5類感染症定点把握疾患である「感染性胃腸炎」の患者から採取された検体を地方衛生研究所(地衛研)に送付して病原体の検出が実施されてきた(病原体サーベイランス)。

 ロタウイルスワクチンの接種開始に伴い、病原体サーベイランスは継続したままで、ロタウイルス胃腸炎の中でも特に重症が疑われる症例の報告数を検討するために、2013年10月14日(第42週)から、5類感染症定点把握疾患として全国約500箇所の基幹定点(ベッド数300床以上で、内科と外科の両方を標榜する医療機関)から、「感染性胃腸炎(病原体がロタウイルスであるものに限る)(以下、ロタウイルス胃腸炎)」の患者数が毎週届けられることになった。届出基準はhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-39.htmlである。

本稿では、ロタウイルス胃腸炎患者サーベイランスと、病原体サーベイランスから、ロタウイルスワクチン導入前後の報告数の推移を検討する。

ロタウイルス胃腸炎患者サーベイランス:2013年第42週(10月14~20日)から2015年第20週(5月11~17日)までにロタウイルス胃腸炎として基幹定点から届けられた累積患者報告数は7,436であった。男性4,017、女性3,419と男性がやや多く、年齢中央値は2歳(0~98歳)で、5歳未満の報告が83.7%を占めていた。シーズン別の累積患者報告数は、2013/14シーズン〔サーベイランス開始(2013年第42週)~2014年第35週〕は3,982、2014/15シーズン〔2014年第36週~2015年第20週(2015年5月26日現在)〕は3,454であった。

 ロタウイルス胃腸炎のシーズン別週別定点当たり報告数の推移をみると(図1)、第47週頃から患者報告数の増加が始まったのは同じであったが、2014/15シーズンは2013/14シーズンより早く第7週頃から報告数が急増し、2013/14シーズンより早く第18週以降減少傾向となった(2015年5月26日現在)。第1~20週の報告数を比較すると、2014年は2,830(定点当たり6.00)、2015年は3,247(定点当たり6.84)であった (暫定値)。2014/15シーズンが第21週以降どのように推移するか、今後の報告数を注視する必要がある。

感染性胃腸炎病原体サーベイランス:各都道府県市の地衛研から報告された、病原体定点におけるロタウイルスの検出数は、国立感染症研究所感染症疫学センターのホームページで公開されている(URL: http://www.nih.go.jp/niid/ja/iasr/510-surveillance/iasr/graphs/1532-iasrgv.html)。

2010/11~2014/15シーズンの週別検出報告数の推移をみると(図2)、2010/11~2012/13シーズンは年間908~940で推移していたが、2013/14シーズンは435と大きく減少した。2014/15シーズンは、第18週の段階で、2013/14シーズンとほぼ同じ検出報告数である。

2010/11~2012/13シーズンでは、第14~16週に検出数のピークが認められたが、2013/14シーズンでは前3シーズンよりピーク時の検出報告数は少なく、第16~22週頃に緩やかな増加を認めた。その結果、シーズンにおける総検出報告数も減少した。2014/15シーズンについても第20週の時点では2010/11~2012/13シーズンのような検出報告数の増加はないが、今後の推移を見守る必要がある。

考察:ロタウイルス胃腸炎患者サーベイランスでは、2014/15シーズンは2013/14シーズンと比較し、ピークの高さは低かったが、ピークの時期が4週間程度早かった。しかし、病原体サーベイランスの週別検出報告数の推移をみると、2010/11~2012/13シーズンと比較して、2013/14、2014/15シーズンのロタウイルス検出報告数は減少傾向である。一方、ロタウイルス胃腸炎患者サーベイランスの開始は2013年10月であり、ロタウイルス胃腸炎の患者数の推移を検討するには、さらなる報告の蓄積が必要である。ロタウイルスワクチン被接種者数の増加に伴い、今後はロタウイルス胃腸炎による重症例の減少、ひいては流行規模の縮小が期待される。

謝辞:本報告は、全国の医療機関、保健所、地方感染症情報センター、地方衛生研究所の皆様からの報告をまとめたものです。感染症発生動向調査へのご協力に深謝致します。

 
国立感染症研究所感染症疫学センター
 

 

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version