国立感染症研究所

2016/17シーズン インフルエンザワクチン株

■ インフルエンザワクチン株
 
○2016/2017冬シーズン
    A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
    A/Hong Kong(香港) /4801/2014(X-263)(H3N2)
    B/Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
    B/Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)


○2015/2016冬シーズン
    A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
    A/Switzerland(スイス)/9715293/2013(NIB-88)(H3N2)
    B/ Phuket(プーケット)/3073/2013(山形系統)
    B/ Texas(テキサス)/2/2013(ビクトリア系統)

 →平成27年度(2015/16シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2014/2015冬シーズン
 A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
 A/New York(ニューヨーク)/39/2012(X-233A)(H3N2)
 B/Massachusetts(マサチュセッツ)/2/2012(BX-51B)
 →平成26年度(2014/15シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2013/2014冬シーズン
 A/California(カリフォルニア)/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
 A/Texas(テキサス)/50/2012(X-223)(H3N2)
 B/Massachusetts(マサチュセッツ)/02/2012(BX-51B)(山形系統)
 →平成25年度(2013/14シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2012/2013冬シーズン
 A/California(カリフォルニア)/7/2009(H1N1)pdm09
 A/Victoria(ビクトリア)/361/2011(H3N2)
 B/Wisconsin(ウイスコンシン)/01/2010(山形系統) 
 →平成24年度(2012/13シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2011/2012冬シーズン
 A/California(カリフォルニア)/7/2009(H1N1)pdm09
 A/Victoria(ビクトリア)/210/2009(H3N2)
 B/Brisbane(ブリスベン)/60/2008(ビクトリア系統)
 →平成23年度(2011/12シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2010/2011冬シーズン
 A/California(カリフォルニア)/7/2009(H1N1)pdm
 A/Victoria(ビクトリア)/210/2009(H3N2)
 B/Brisbane(ブリスベン)/60/2008 (ビクトリア系統)
 →平成22年度(2010/11シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2009/2010冬シーズン
 A/Brisbane(ブリスベン)/59/2007(H1N1)
 A/Uruguay(ウルグアイ)/716/2007(H3N2)
 B/Brisbane(ブリスベン)/60/2008

○2008/2009冬シーズン
 A/Brisbane(ブリスベン)/59/2007(H1N1)
 A/Uruguay(ウルグアイ)/716/2007(H3N2)
 B/Florida(フロリダ)/4/2006
 →平成20年度(2008/09シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2007/2008冬シーズン
 A/Solomon Islands(ソロモン諸島)/3/2006(H1N1)
 A/Hiroshima(広島)/52/2005(H3N2)
 B/Malaysia(マレーシア)/2506/2004
 →平成19年度(2007/08シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2006/2007冬シーズン
 A/New Caledonia(ニューカレドニア)/20/99(H1N1)
 A/Hiroshima(広島)/52/2005(H3N2)
 B/Malaysia(マレーシア)/2506/2004
 →平成18年度(2006/07シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

○2005/2006冬シーズン
 A/New Caledonia(ニューカレドニア)/20/99(H1N1)
 A/New York(ニューヨーク)/55/2004(H3N2)
 B/Shanghai(上海)/ 361/2002
 →平成17年度(2005/06シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過
 →流行状況は IASR 2006年第11月号参照

○2004/2005冬シーズン
 A/New Caledonia(ニューカレドニア)/20/99(H1N1)
 A/Wyoming(ワイオミング)/3/2003(H3N2)
 B/Shanghai(上海)/361/2002
 →平成16年度(2004/05シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過
 →流行状況は IASR 2005年第11月号参照

○2003/2004冬シーズン
 A/New Caledonia(ニューカレドニア)/20/99(H1N1)
 A/Panama(パナマ)/2007/99(H3N2)
 B/Shandong(山東)/7/97(Victoria系統株)
 →平成15年度(2003/04シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過
 →流行状況は IASR 2004年第11月号参照

○2002/2003冬シーズン
 A/New Caledonia(ニューカレドニア)/20/99(H1N1)
 A/Panama(パナマ)/2007/99(H3N2)
 B/Shandong(山東)/7/97(Victoria系統株)
 →平成14年度(2002/03シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過
 →流行状況は IASR 2003年第11月号参照

○2001/2002冬シーズン 
 A/New Caledonia(ニューカレドニア)/20/99(H1N1) 

 A/Panama(パナマ)/2007/99(H3N2)
 B/Johannesburg(ヨハネスバーグ)/5/99(山形系統株)
 →平成13年度(2001/02シーズン)インフルエンザHAワクチン製造株の選定について
 →流行状況は IASR 2002年第12月号参照

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version