国立感染症研究所

インフルエンザウイルス分離・検出状況 2012年第19週(5/7-13)~第37週(9/10-16)

 国立感染症研究所・感染症情報センターには地方衛生研究所(地研)から「病原体個票」が報告されている。これには感染症発生動向調査の定点およびその他の医療機関、保健所等で採取された検体から検出された病原体の情報が含まれる(参考図)。
図1.週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数、2012年第19週~第37週
図2.都道府県別インフルエンザウイルス分離・報告状況、2012年第19週~第37週
図3.週別都道府県別インフルエンザウイルス分離・検出報告状況、2012年第33週~第37週
 2012年第19週以降インフルエンザウイルス検出報告は少数となっている(図1)が、沖縄県では夏季に入っても流行が続き(速報参照:沖縄県、第26週以降AH3亜型が主に検出されている(速報参照:大阪府

 2012年第19~37週の累積では、AH1pdm09が4都県から10件、AH3亜型が26都道府県から120件、B型はビクトリア系統株が14府県から28件、山形系統株が13道県から21件、系統不明株が10県から39件報告されている(図2)。

2012年第33週(8/13-19)~第37週(9/10-16)(2012年9月27日現在報告数)

 直近の2012年第33~37週の5週間では、AH1pdm09が3都県から8件、AH3亜型が11府県から39件、B型は系統不明株が沖縄県から1件報告されている(図3)。
 このうち、輸入例からの検出が8件(AH3亜型:中国3件、オーストラリア、タイ、フィリピン、ハワイ各1件、AH1pdm09:タイ1件)報告されている。

<参考図> 週別インフルエンザ患者報告数とインフルエンザウイルス分離・検出報告数の推移、2008年第36週~2011年第41週
 インフルエンザウイルス分離・検出状況 2011年第36週(9/5-11)~2012年第25週(6/18-24)
         (2012年7月19日現在報告数)
 インフルエンザウイルス分離・検出状況 2010年第36週(9/6-12)~2011年第19週(5/9-15)
         (2011年9月6日現在報告数)
 インフルエンザウイルス分離・検出状況 2009年第19週(5/4-10)~2010年第19週(5/10-16)
         (2010年5月13日現在報告数)
国立感染症研究所感染症情報センター 病原微生物検出情報事務局

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version