国立感染症研究所

真菌部

 真菌部は、真菌感染症ならびに抗菌化学療法に関する研究と真菌症レファレンス業務を行っている。現在の主な研究分野は、真菌症の診断・制御薬の 開発、真菌の病原因子の解析、細胞内情報伝達の制御、および真菌症における宿主生体防御機構の解明である。また、生化学的、遺伝学的、分子生物学的手法を 用いた新しい活性評価系の開発、新規活性物質の探索、作用機序等の研究を行っている。

  • 第一室(真菌症室)

    1.真菌症の診断・検査技術の開発に関する研究とレファレンス業務
    2.真菌の病原性因子に関する研究
    3.深在性真菌症の制御法に関する研究

  • 第二室(増殖制御物質室)

    1.病原性因子の情報伝達とその制御に関する研究
    2.情報伝達制御の分子標的に関する研究
    3.新規制御物質の探索および作用機序に関する研究

  • 第三室(免疫制御研究室)

    1.新規生体防御機能調節物質の探索に関する研究
    2.真菌感染の生体防御機構および予防・治療の基礎に関する研究

  • 第四室(抗生物質室)

    1.細菌・真菌ゲノム解析とその創薬への応用に関する研究
    2.非天然型生物活性物質の創製に関する研究
    3.薬剤耐性機構の解明とその創薬への応用に関する研究

真菌部公式ページへ

Copyright 1998 National Institute of Infectious Diseases, Japan

Top Desktop version